【福利厚生の一環として人気絶大】会社内に自動販売機を設置しよう

社員のやる気を出す方法

コーヒー

少しの投資で大きな効果

企業にとっていかに社員のやる気を呼び覚ますかは重要な課題ですが、そのための方法の一つとしてオフィスにコーヒーマシーンを設置するというものがあります。最近ではコンビニなどで安価で美味しいコーヒーを買うことができるようになりましたが、それでも節約志向の強いサラリーマンからするとバカにならない出費です。オフィスで自由にコーヒーを飲むことができれば、彼らに仕事に前向きになってもらうことができるだけでなく、これまで外にコーヒーを買いに行っていた人がその必要がなくなるために仕事の効率アップを見込むこともできるでしょう。なお、コーヒーマシーンのレンタルサービスは現在では大手から中小まで多くの会社が手掛けるようになってきていますが、そのサービス内容は少しずつ異なっていますので自社のニーズに合ったところのものを使うとよいでしょう。気になるコストですが、飲んだ分だけ課金される従量制のところもあれば、定期的に豆を交換するという定額制を採用しているところもあります。従量制でも1杯あたりの単価は10円以下というところもありますので、試験的に使ってみたいということであればそのような安価なところのものを利用するとよいでしょう。一人が1日に飲むコーヒーの量は、多くても4、5杯程度ですので社員100人の会社でも1日にして5000円くらいのコストで済む計算となります。少しの出費で社員のモチベーションが高まれば決して高い買い物にはならないはずです。

Copyright© 2018 【福利厚生の一環として人気絶大】会社内に自動販売機を設置しよう All Rights Reserved.