【福利厚生の一環として人気絶大】会社内に自動販売機を設置しよう

自販機の果たす大事な役割

自販機

防犯とライフラインの確保

日本ほど自動販売機が普及している国はないと言われています。街角に設置されているのは誰でも知っていますが、実は会社の中にも自動販売機は設置されているのです。なぜ会社の中で設置されているかというと、社員が好きな時に自由に飲料を購入して飲めるからです。もし自動販売機がなければ、社外へ買いにでかけるか社員食堂へいくことになります。しかも自動販売機は24時間365日稼働しています。会社で残業になったり泊まりになった時でも、自由に飲料を買うことができます。最近はカップ麺やファストフードなどを購入できる自動販売機もあるので、小腹が空いた時に便利です。このようにいつでも手軽に購入できるので、自動販売機は人気があります。自動販売機を社内に導入する時に問題になるのが設置場所です。いくら便利だからといってワークスペースを削るのでは逆効果です。しかし最近の自販機は薄型が増えているので、狭いスペースでも邪魔にならないように設置することができます。この点も自販機導入が増えている理由です。街角に設置されている自動販売機には飲料を販売するという目的の他に、防犯対策という側面も注目されています。例えば暗がりの裏通りなどは防犯上危険ですが、自販機が置いてあるだけで周囲が明るく照らしだされます。明るくなれば、それだけ防犯効果があるのです。また日本は災害大国ですが、万一の時には自動販売機がライフラインの役割を果たします。大地震で買い物ができなくなった時でも、自販機の飲料で命をつなぎ止めることができます。このように自販機には色々なメリットがあるので人気があります。

Copyright© 2018 【福利厚生の一環として人気絶大】会社内に自動販売機を設置しよう All Rights Reserved.